yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て等。

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

次男の汗も悪化で、心が揺さぶられ、自分を嘆いていた過去

少し前の苦しんでいた時の記録がでてきました。

 

次男の汗も悪化を発端として、関係のないところまで自己嫌悪に陥る、弱い母な自分です(笑)

こんな時もあるよね(*^^*)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々様々な気づきが重なり続ける

毎日鉄の様な強い意志で、強く楽しく生きたいんだけれど

ちょっとした些細なことで心が揺さぶられ

自分はこんなに弱い人間だったのかと

改めて胸が痛くなります

 

自分で動かせないことと

どうしようもないことと

頑張っていること

頑張れていないこと

 

自分は正しいのか

何が間違っているのか

何かもやもやと心を支配されている

 

きっかけは本当に小さなことで

1歳になる次男が例年のように

あせもになった

 

ひどくなったので小児科に行き、いつものように弱めのステロイドを処方された

1か月近く塗り続けても治らないのでしっかり治してもらいたく別の病院に行った

 

強いステロイドを処方された

治ると信じて

 

するとさらに悪くなった

 

私の可愛い赤ちゃんの肌が

つるつるで可愛かった赤ちゃんの肌

 

赤い痛々しい発疹で覆われる様は

見ていて可哀想で不憫で

 

でもその感情があまりにも 自分本位で本当に泣きたくなる

彼のことを可哀想と思うより

肌の綺麗な可愛い赤ちゃんを連れていない自分を嫌だと思っているのではないか

 

彼が先生やお友達から汚いなと思われるそのことを嫌だって思っているだけではないか

 

肌が綺麗でないと彼は先生たちにかわいがってもらえないんじゃないか

愛情を与えてもらえないんじゃないか

 

可哀想な子と見られてしまうのではないか

 

 

そもそも何でこんなことになってしまったのか

 

日頃のしっかり食事を美味しい食事を作っていないから、

食生活が乱れたてしまったからなのか

 

長男に比べてあまり手をかけられていないこと

今でもどちらかと言うと、ずっと長男といる時間が長く

 

ちょろちょろ動いて目が話せないので、一緒に行動すると行動に制限されることを理由に一緒に過ごせてない自分を責める気持ち

 

いろんなことができていない自分や

家庭でなくだけでなくて、どこかでサボってしまったり

弱い気持ちになってしまった

意地悪な自分

 

人のことを大事にできない自分本意な自分や

一生懸命頑張れない自分なども見えてしまって

 

たかがあせものことなのに

 

それでも彼は毎日元気に可愛い顔見せてくれて

見た目が少し赤いだけで

特にひどく痒がったり不快な思いはしている感じはないのに

ただただ赤いひどいくなってしまった肌を目にして

 

彼の気持ちではなく

今の自分の現状全てに照らし合わせてしまって

不甲斐ない自分に

こうやって書きながらも

ただただ涙が出てくる

 

私は子供のことが大好きなのに

苛立ってしまうと

最近はわざと大きな声を出したり

 

本当に彼らのことを

二度とは戻ってこない今の時間を

本当にちゃんと過ごせているんだろうか

 

もっともっと彼らと、これ以上ないってくらいの思い出を 作りたい

本当にかけがえのない時間だから

 

毎日を必死に生きて

二度と戻らない時間をたくさんたくさん過ごしたい

 

私は本当にお母さんができているのだろうか

 

キャリアの不安に苛まれて

かと言ってキャリアの方も本気で頑張れているわけではなく

中途半端にただ毎日を過ごして

胸を張って、頑張っているといえない毎日を過ごしている

 

たかが息子のあせもだけでこんなに追い詰められる自分

揺さぶられる自分が情けない

もしこれで子供に何かあったり

大きな病気になったり

自分や家族が病気になったり

親に何かあった時に

私は本当に心強く生きていけるんだろか

 

あまりにも今までが順風満帆に来すぎて

挫折を知らず

状況や自分の気持ちをコントロールすることができない自分が本当に情けなく

私はどうすればいいんだろう

 

・・・・・・

と悩んでいたみたい(笑)

 

 

苦しいときもあれば、

楽しいときもあるよね。

 

すべてが愛おしい時間だよね。

今はそれだけがわかる。