yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て、国際交流、地域交流、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

【実録】激動の復職後1カ月を振り返る☆今スタートラインに立つ

ゴールデンウィークが終わって3週間が経った
GW前1週間前に育休から復職し、GWで魂が溶けるような日々を過ごし、GWが明けて、さて本格的に新生活に踏み出すぞという意気込みで迎えた5月

f:id:colofullife:20170530171120j:plain

悲鳴をあげる心と体

この3週間
嵐のような3週間


私の心身には想像以上の負荷がかかり

心も体も悲鳴を上げていた

 

 

試行錯誤が必要だった

 

常に時間に急かされている自分

常にキャリアの不安に苛まされている自分

常に身体的に疲れている自分

常にできていない自分を責める自分

 

この状況にマッチングするのに、心も体も時間が必要だった

 

まずはそんな自分を認めて

それぞれの解決策を試行錯誤するところからだった

 

解決策を見つけてようやくスタートラインにたつ

この3週間

自分の心の状態を感じて

とにかく、いろいろなことを断捨離し

そして、体と心をほぐす方法を試行錯誤していった

  

いくつか試して自分に必要なものを見極め
そして今、ようやくこの環境で何とか自分なりに区切りをつけた

 

やっと今、スタートラインにつけた気がする

 

この3週間は変化に対応するのに必要な時間だった

 

苦しい時こそわかる人のありがたみ

試行錯誤で出会ったのは

様々な形でサポートしてくれる周りの人々だった

 

キャリアの不安には、メンターが親身になって相談してくれた

 

家事の不安には、シルバー人材の事務局やご担当者さんが親身になって助けてくれた

 

運動不足からくる身体の疲れに対しては、マンションのサークルメンバーが希望するだけトレーニングのチャンスをくれた

 

肩こりなどの肉体的な疲れに対しては、時間とお金を投資してマッサージに行くことで、心身を癒やしてくれる人がいた


改めて感じるのは、様々な人に支えられ、生きているということ


自分がもがいて苦しい時、誰か助けてくれるということ

そして、そのためには、正しく助けを求める必要があるということ

 

今試されている

改めて思うのは、子育てしながら働くのは大変だということ

 

しかも、専門性の高い分野で、新しいキャリアに挑戦するのは大変だ

 

でも自分の人生を振り返ると

自分の能力を超えるハードルがある時こそ、燃えていたし

充実していたし

成長していた

 

うまくいかなかったのは、自分の能力には物足りない環境だった時だけだ

 

だから、私は今は試されている

これまで以上に成長できるかどうかを

 

改めて目指す自分の夢

遅いスタートでも、この知財という分野でプロフェッショナルになること

そして、ワーキングマザーであっても、新たなキャリアに挑戦し、成功するロールモデルになること

 

この2つが私の夢であり、復職後、異動後の最初の部会でもスピーチで伝えたことだ

 

自分が目指している夢を

将来達成することで

私は後に続く人たちを勇気づける存在になりたい

弱い自分を認めた上で、また次の日から歩み始める

疲れる自分も

弱気になる自分も

諦めそうになる自分も

逃げたくなる自分も

全部自分

 

弱い自分を認めた上で、また次の日から歩み始める

 

すべての環境と

出会いに感謝しながら

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました☆