yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て等。

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

忙しい日々だからこそ、丁寧に生きることを大切にしたい☆

ゴールデンウィークに入って義両親の家に来て自由時間を得た

義両親と楽しく遊ぶ子供たちの声を階下に聞きながら、ゆったりと自分に向き合う時間をもつ

 

今年のGWのこれまで

初日4/30は、先週末のイベント報告など、4/20の復職後で書く時間のなかったブログをひたすら書き続けた

二日目5/1は育休からの復職後の1週間を振り返り、自分の焦燥感を浮き彫りにして解決策を見出していった

三日目5/2は、家族とレゴランドジャパンへ!

今日、四日目5/3は自己基盤、生活基盤を整えるために、ひたすら読書を続けた

f:id:colofullife:20170504091129j:plain

 

丁寧に生きるなおちゃんから何かを学びたくて本を借りる

読んだ本はなおちゃんから借りた本たちだ
なおちゃんはシナリー化粧品の販売をしており、自称健康オタクの美容と健康に詳しいママだ

colofullife.hatenablog.com


若い時に肌トラブルで悩み、そこから色々な試行錯誤を経て、彼女は自分らしい生き方を見つけていった

そんな彼女は、気さくで、余裕があり、とても丁寧に生きている女性だ


保育園児と小学生の二人の女の子のお母さんとして等身大の彼女

ご自宅に行く機会もあり、そこから子育ても等身大で楽しんでいる姿が垣間見えた


話していても相手を癒せる人で
何より自宅から醸し出す雰囲気がとても気になった

 

自宅には、トイレも含めて本がたくさん置いてあった
その本のセンスが彼女の生き様や価値観を強烈に 表現していた

 

先日育休最後の週に彼女の自宅に遊びに行った
そこで気になる本をたくさん借りてきた

 

大変だからこそ丁寧に生きたい

そして私は4/20に復職し激動の一週間を送る


充実しつつも体は疲れ、もっともっと自分の心と体をコントロールする方法を見出したかった

そんな私に、なおちゃんから借りた本が何かを教えてくれそうで

今日は夢中になって読んだ

 

自分の体を大切に扱い、感謝する

全部を読み終えて、やろうと思うことは


まずは体からのメッセージをしっかり受け止めようということ

自分の体を大切に扱い、丁寧に扱う

優しくしてあげる

 

元気でいられることに感謝する

 

自分の体の声を聞く

自分の体からのメッセージをしっかりと受け取る

疲れているのであれば緩めてあげる

自分の体が欲するものを食べる

それは加工食品でもなく外食でもなく

今私がまさに食べたいと思うような大量のサラダであったり、アボガドであったり、ナッツであったり

 

食べるということは生きるということだから

 

働くことと子育ての両立は単なる一つの側面にしかすぎない

働くことと子育てと家事を、単なる両立とか、互いに相反するものであるとか
まるで苦しいせめぎ合いでような次元の話で片付けたくない

 

もっともっと大きなところに目的があるはずだ

 

生きるということ
まずは、その大きな円があって

尊い命を育てるということや
自分らしい人生を歩むためにキャリアを大切にするということは

その中の要素の一つとして存在する


それはいずれも大切であり、単に近視眼的に戦わせることが正解だとは思わない

  

私たちはきっともっと大きな渦の中にいる

ただ時間がないとか、体が疲れているというだけで
無駄にそこの戦いに目を向けるのはもったいない

 

私たちはきっともっと大きな渦の中にいる


超俯瞰をすれば、子育てできること、働けるということ、

それを一度に出来るというこんな幸せなことはない

 

食べたいものを食べるためにご飯を作る

仕事が忙しいから、ご飯も作れないなんてちょっと違う


食事を作るということは、やらなければならない大変なタスクではなく
自分が食べたいもの、体を欲するものを

ちょっとした手間を使って食べれる状況にするという
生きていくために必要な

自分、家族のための時間なんだ

f:id:colofullife:20170504091811j:plain

ナカイサヤカさんからご紹介頂いた本>

子供との時間は必然の時間

仕事が忙しいから、時間がないから子供との時間が取れないというのではなく
子供との時間は必然の時間

 

楽しそうだったら一緒に笑い転げる

辛そうだったらしっかりとだきしめる
痛そうだったらしっかりと手で触れて感じてあげる

 

自分が大切にしたいこと

私が大切したいことは、子供と触れ合う時間
食べたいものを作り、食べる時間


食事が作れないというのは言語道断

 

体が疲れるんだったら、体の疲れを取ればいい

 

食に時間を割く
心を豊かにする

そんな生活を体現してくれている自分の体に感謝をする
大事にする
疲れていたらいたわる
心と体を満たす

  

大切にしたいことを大切にし、感謝をして、一日を終えていこう

生きていることに感謝をして
日々の毎日に感謝をして
疲れた体に感謝をして
食べたいものを食べられることに感謝をし
そうやって大切な一日を過ごせたことに感謝して

一日を終えていこう

 

なおちゃんからの借りた本を読んで、こんな結論になった

忙しい日々だからこそ丁寧に生きることを

改めて考えていきたい

 

【読んだ本】

 <なおちゃんから借りた本>

生の哲学を教えてくれる本。この本おすすめです!ブックレビューはこちら

自分を信じて生きる―インディアンの方法

自分を信じて生きる―インディアンの方法

 

「食を大切にしたい」と思わせてくれた本。ブックレビューはこちら

医者いらずの食 (veggy Books)

医者いらずの食 (veggy Books)

 
子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)

子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)

 

子どもを抱きしめて優しく触れたくなるような本☆ブックレビューはこちら☆

子どものこころにふれる 整体的子育て

子どものこころにふれる 整体的子育て

 

 自分の体を大切にしようと思う本

おきらく整体生活 (ちくま文庫)

おきらく整体生活 (ちくま文庫)

 

 子供の病気についての本

子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻

子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻

 

<ナカイサヤカさんからご紹介頂いた料理に関する本>

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室