yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て等。

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

Points of You➃:チームビルディング

株式会社チームイノベーションCEOの村田美穂さんの【Points of You 初級講座(国際資格)】をご紹介しています☆

 

グループコーチングの一つの「エンカウンター」に続き、最強のツール「チームビルディング」を体験しました。

こんなにチームビルディングを教えてくれるワークはないという美穂さんお墨付きのものです!

 

チームはなぜ強いのか?

まず、チームはなぜ強くなるのでしょうか?

ここで、A,B,Cさんがいたとします。

それぞれ強みが1つずつあります(➀)。

 

【人の弱みが誰かの強みになる】

一方で、それぞれ弱みもあります。
なんと、その弱みは、誰かの強みになるのです(➁)。

すなわち、自分の弱みは他者の貢献意欲を満たしてあげると捉えることができるのです。

 

褒め合うことで強みが増強される】

更に、AがBのいいところを「いいね!」と褒めると、Bのいいところが増強されます(➂)。

 

【共通ビジョンで強みが増強される】
次に、3名がビジョンをもって目的に向かって助け合い始めると、更に強みが増強されます(➃)

 

【チームは掛け算になる】

すなわち最初一つだけだった各個人の強みが➀〜➃を経て4倍になるのです!
ということは、チームの力は最初

1×1×1=1

だったのが

4×4×4=64

にもなるのです!!

f:id:colofullife:20170327123205j:plain

 

【5. グループコーチング➁:チームビルディング】

では、カードを使ったチームビルディングの手順を紹介します。

 

手順➀:自分の強み・弱みのカードを選ぶ

自分の強み、弱みを表すカードをそれぞれ1枚ずつ選びます。

それぞれ「強み」「弱み」を表すキーワードを付箋に書いてカードに貼ります。

例:

【私の強み】スピード感

【私の弱み】歩幅を揃えて、同じ目線で歩くこと

f:id:colofullife:20170327123219j:plain

手順➁:ギフトカードを送る

次に、右隣の人に「この強みがあったらよくなりそう!」という思いでカードを一枚選び「ギフトカード」を送ります。

 

例:

私は「キラリと光る原石を見つけて飛ばす研磨屋さん」というカードをもらいました!

(人の才能を発見して、輝かせることができる!)

f:id:colofullife:20170327123223j:plain

 

手順➂:フォーメーションを組む

そしてチームメンバー各3枚のカードを寄せ集め、「3ヶ月後に社長の前でプレゼン」などのゴールを決めます。

そして、そこに向けてどのようなメンタルフォーメーションでやるとよいかを、皆で話しながら組んでいくのです。

 

強みのカードで弱みのカードを隠したり、

紙コップを使って高さを出したり、

通常は40分ほどかけて、じっくり話し合うとピタッと決まる時があるのです。

f:id:colofullife:20170329114313j:plain

自分の強みをチームで活かすとはそれぞれの強みを最大限に活かしたフォーメーションを組むことなのです。

 

手順➃:フォーメーションを確認する

そして、立場を変えてみて

社長目線でみるとどうか?
部下からみてついていきたいと思うものか?

などの視点で確認したり、

各自の「弱みを隠せているか」を一つずつ確認していきます。

 

更には

安心安全の場となっているか?
ワクワクするか?
チームとして成果を出せそうか?

も確認します。

 

手順➄:チームの名前を決める

最後にチームの名前を決めて、写真をとって飾ります。

 

ちなみに我々のチーム:イケイケドンドン

ちなみに我々のチームでは、

「チーム編成期」

「実行期」

のように時系列に並べて

「チーム編成期」では「チャレンジ精神、目利き、原石を見つける力、初対面でもうまくやれる」といった強みで「失敗を恐れる」という弱みを隠したり、

 

「実行期」では「スピード感」や「明るさ」をトップ2にもってきたり

それを横から見守る「慎重性」等でチームを構成しました。

f:id:colofullife:20170327123237j:plain

ちなみに「論理思考」「戦略」などは足りないけど

スピード感と明るさだけはあるので

チーム名は「イケイケドンドン」となりました(笑)

 

今回のまとめ

以上、今回はPoints of Youを使った「チームビルディング」の方法をご紹介しました☆

次は「パンクタム」についてご紹介します☆

colofullife.hatenablog.com