読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財、英語、子育て、国際交流、地域交流、起業、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

Points of You➁:1 vs. 1セッション&100個の質問

株式会社チームイノベーションCEOの村田美穂さんの【Points of You 初級講座(国際資格)】をご紹介しています☆

前回の記事の「➀ コーチングの基礎」はこちら☆

 

カードに触れてみよう☆

まずは、自己紹介ワークで「 コーチングの基礎」を学んだあと、実際にカードに触れてみました!

中身はこのようになっています!

f:id:colofullife:20170327122643j:plain

 

カードの種類

カードには5種類のシリーズがあります(旅、行い、あるがまま、困難、好機)。

f:id:colofullife:20170327162746j:plain

そして、各シリーズに13トピック、計65枚あります。

f:id:colofullife:20170327162753j:plain

 

例えば、「我が子コーチング」の場合、
「励まし」が目的なら「困難シリーズ」をのけて、ポジティブなところ残すなどもできるのですね。

 

【2. 1 vs. 1セッション】に挑戦!

そして、ついに1 vs. 1セッションに挑戦!

ここでは、実際にクライアントとコーチの双方の経験をしました。

使ったフレームワークは「過去・現在・未来」☆

 

手順➀:フォーカスノートに「問題」を書き込む

まずは、フォーカスノートを一枚切り取り、クライアントに渡して「私の問題」を書いてもらいます。

私の場合はこちら☆

「自分の成長、キャリア、ビジョンを追求していくことと、子供を育てていくことの両立」

f:id:colofullife:20170327123009j:plain

 

手順➁:過去、現在、未来のカードを「裏引き」でそれぞれ一枚ひく

過去、現在、未来についてカードを一枚裏引きでひいいてもらいます。

 

裏引きの意味は「右脳、感情」を使うということ。

絵を見る場合は思考が80%使われていますが、裏引きで意味を生み出せるようになると深層心理を使えるようになります。

f:id:colofullife:20170327123016j:plain

そして、「過去」から一枚ずつオープン!

f:id:colofullife:20170327123029j:plain

大事なのは、「クライアントさんがカードを見た時の表情を見ること!」

コーチは一喜一憂してはいけません!あくまでフラットに。

カードではなく表情を見るのです。

 

手順➂:過去、現在、未来それぞれ各5分で「拡散」&「インサイト

そして、シンプルでフラットな質問を投げかけることで

「拡散」と「インサイト」を進めていきます。

 

【質問例】

カードを見てみて、どう感じますか?

あなたはどこにいますか?

 

ちなみに私の裏引きカードはこちら☆

怖いほど私もストーリーをずばり表しており、びっくりしました。。

f:id:colofullife:20170327123037j:plain

【過去】

的も小さく、飛ばし方も普通で視野も狭かったが、当時の自分ができることはそれなりに的を絞ってやってきた。

【現在】

今向かおうとしている未来に向けて、道を作り、一歩踏み出している。

【未来】

年を取った時、自分はシワを刻みながらもニコニコしている。自分自身の人生だけでなく、子供、家族、周りの人たちも幸せで、充実感に溢れ、周りに影響を与えた人たちも幸せになり、社会に貢献できたという充実感で一杯。

 

手順➃:「行動」(ベイビーステップ)で収束

最後は「行動」で収束させます。

 

クロージングをしたい20秒前ぐらいから、

「改めて振り返ってどんなことを感じましたか?」などときいて
気づきを纏めて、使えるものにしてあげます。

 

まずは、フォーカスノートに選んだカードを書きます。

f:id:colofullife:20170327123046j:plain

そして、「最も重要なインサイト」をまとめ

最後に、ベイビーステップとして

「24時間以内」「1週間以内」「1か月以内」に行う行動を考えて、書きます。

f:id:colofullife:20170327123053j:plain

 

「拡散」ではコーチのリソースも投入

「拡散」ではクライアントの出したアイデアだけではなく、コーチのリソースを投入することも大事です。
色々なアクションプランを出していきたいが、出ない場合もある。

そんな時はコーチが持っている選択肢を提案として出していくのです。


コーチは横の関係とはいえども、二人のリソースを使いたい。

そういった意味でも、コーチのリソースが生きるクライアント、すなわち
自分が価値を出せるクライアントを選ぶべきなのですね。

 

【3. 100個の質問】に挑戦!

続いて、「100個の質問」

 

まずは「理想の私」でカードを一つ選びます。

一人一枚A4の紙&色違いのペンを配り、2分間でカードに対する質問を思いつくまま書きます。

次に、時計回りに紙と回し、質問を追加していきます。

そして、一巡するとたくさんの質問が追加され、自分の質問のくせがみえてくるのです。

 

私が選んだカード&皆さんで作った質問リストはこちら☆

f:id:colofullife:20170327123138j:plain

 

自分の質問のくせに気付く

自分の質問のくせは
「空間軸が多く」
「時間軸が少ない」というものでした。

また、皆さんの質問には、時間、空間以外のプラスアルファの質問もあり、枠が外されていて新鮮でした。

 

今回のまとめ

以上、Points of Youを使った「1 vs. 1セッション」の具体的な手順と

「100個の質問」のワークについてご紹介してきました。

次の記事ではグループコーチングの「エンカウンター」についてご紹介します☆

colofullife.hatenablog.com