読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財、英語、子育て、国際交流、地域交流、起業、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

Points of You➀:コーチングの基礎

株式会社チームイノベーションCEOの村田美穂さんの

【Points of You 初級講座(国際資格)】を受講してきました!

f:id:colofullife:20170327122618j:image

 

私が受講した目的

コーチングのプロになりたいわけではない。

でも、「セルフコーチング」できるようになりたい。

また、「子供コーチング」として、子供を豊かに導いていける母親になりたい。

 

一般的にコーチングを学ぶには数十万〜数百万かかります。

それに対して、この講座は短期間でかつお得に、コーチングを学ぶのに必要十分なバランスの取れた講座だったのです。

 

セルフコーチングにも副業にも社内ワークショップにも有効な
「高性能の家電のようなツール」

それがPoints of Youです☆ f:id:colofullife:20170327122631j:plain

 

エバンジェリストの資格が取れます

今回は「エバンジェリスト養成講座」

講座を修了すると「エバンジェリスト」となり、Points of You Japanの一員として、正式にセッションの実施や体験会等の開催が可能となり、HPでの告知が可能になるそうです。

 

まずは3000円くらいからはじめ、5000円(強気なら1万)ぐらいで提供できるそう☆

 

今回の内容

今回の内容は6時間コースでこちら☆

  1.  自己紹介ワーク
  2. 1 vs. 1セッション
  3. グループコーチング➀:エンカウンター
  4. グループコーチング➁:チームビルディング
  5. パンクタム

f:id:colofullife:20170327125426j:image

特徴なのは、特別に
「チームビルディング」を入れてくださったこと!

これは企業研修でも人気で、他部署からも依頼があり、来期は6本も予定されているようです!
 

Points of Youの導入状況

googole、シルクドソレイユ、NASAなど幅広い企業に導入され、日本でも富士通セガで導入されています。

 

例えば、福利厚生として置かれていたり、

営業部隊のチームビルディングツールとして、毎朝の朝礼で使われたりします。

  

グラウンドルール

今回のグラウンドルールはこちら☆

「安心・安全の場」であることが何よりも重要なのです!

f:id:colofullife:20170327122715j:plain

 

大事なのは「自分目線+俯瞰目線」

Points of Youのコンセプトは
「身体で使い切れていない資源を使う」

すなわち、
「右脳、感情を使えるようにする」ことです。

 

ここでインドの寓話「群盲像を撫でる」のご紹介。

 

それぞれがそれぞれの目線でやりたいことを主張した時

それぞれの目線からは正しくても、俯瞰目線でみると象だとわかる。

f:id:colofullife:20170327122727j:plain

主張を受け入れることは大事、でも俯瞰してみるとどうか?という
自分目線と俯瞰目線の両方が大事なのです!

 

【1. 自己紹介ワーク】

まずは自己紹介ワークです!

自分を表すカードを一枚選び、それぞれ1分で発表します。

 

私はこちら☆

f:id:colofullife:20170327153454j:plain

今大きな変革期にあり、これから周りが想像できないほど、家族もびっくりするようなところにいくよ〜 待っててね〜という

「ニンマリ」を自分に重ねました(笑)

 

コーチングの4段階☆カレーパンマン理論

ここで、コーチは以下の「コーチングの4段階」を展開していきます。

  1. ポージング
  2. 拡散
  3. インサイト
  4. 行動

まずは「1. ポージング」で音楽を7分聴き、頭をクリアにして日常を切り離します。


その後、視野を広げ、どんどん思考を「2. 拡散」します。

コーチは「マッチング」をしながらもクリーンな質問で、拡散を支援するのです。

 

そして、「3. インサイト」で拡散から学んだこの幅を洞察します。

 

最後に「4. 行動」に収束させ、ベイビーステップに落とします。

f:id:colofullife:20170327123124j:plain

  

大事なのが「信頼を築く聴き方」☆これこそコーチングのすべて

クライアントさんの話のクオリティーがよくなるかどうかは「聞く側にかかっている」!

去年の好感度No.1の俳優「阿部寛」のように(下町ロケットの影響!?)

「いいですねー」

「うんうん!」

という「ポジティブ」なエネルギーを出すのです。
f:id:colofullife:20170327122721j:plain

マッチング&リーディング

ここで大事なのが「マッチング&リーディング」

 

相手よりスーパーテンションでくると受け入れてもらえないので、まずは、ちょっと合わせる「マッチング」

その後、二つのテンションが合わった時にぐっと引き上がる時があるので

そのときに「リーディング」!

 

そして、ちょっと元気に関わる!


うなづきが大事
「うん うん」はちょっとうるさいので
口はとめたまま「うん」


チームフローの平本さんは、英語ができないのにアメリカのアドラー心理学の大学に行き、質問もできない状況だったそうです。

そこで、アメリカの少年院や刑務所に行ってそれを試すと効果がでたのです。


平本さんはスーパー明るくハッピーオーラを出すと決めている方。

 

日本のコーチングの入りは「スキル」だけでしたが、大事なのは「表情」

これは、コーチ筋肉でやればやるほど鍛えられていくものであり、

これを知っているだけで無駄にいいことが起きるとのこと!

それでどれだけハッピーオーラが出せるかで、影響力が変わり、あらゆるものを引き寄せていくのです!

 

コーチング鉄板の質問はこの3つ!

鉄板の質問はこの3つです!

  1. あなたはそのカードのどこにいますか?
  2. どんな気持ちで、どのようは表情でいますか?
  3. なんと言っていますか?

 

言葉が出ないとき:空間軸と時間軸を広げる

質問をして相手が言葉が出ないときは、

空間軸と時間軸で枠組みを作り、少し誘導して出してあげます!

 

例えば、「カードの周りに何があるか?」といった「空間軸」を広げる質問をして、ストーリーを引き出したり。

「過去5分前は何をしていた?」といった「時間軸」で掘ったり、

「1日たったらどうなりますか?」と時間軸を進めたり。

 

質問カードを上から読んでいくでもいいのです。

それで、自己内省がおきて深まるのです。

 

シンプルでクリーンな質問で!

変に言葉を出すと混乱するので

「シンプルでクリーンな質問」

「主観が入っていない質問」を投げます。

 

例えば「どんな気持ちですか?なんと言っていますか?」はいいですが、

「嬉しそうですけど、どんな気持ちですか?」だと、リーディングになります。

 

クライアントさんの言葉をあまり言い換えない

クライアントさんが紡ぎ出す言葉を大事にして、クライアントさんの言葉はあまり言い換えず、

基本は「いいですね」!!

キーワードを拾う程度がいいそうです。

 

よく話す人はどんどん話してもらう

話す人はどんどん話してもらいます!

そして、
具体的には誰? 
隣にいる方は誰?

など質問も具体的にしていくのです。

 

クライアントさんと視線をあわせる

クライアントさんが目を上に上げているのは「考えている」から

そんな時は一緒に上を見ます。

クライアントを見るのではなく、クライアントが望んでいる絵を一緒に見るのです!

それにより自己内省がしやすく、イメージが強化されます。

 

感情が動く時は、言葉はいらない。
言葉で返そうとすると思考が働いてしまう。

「何を(what)」と「なぜ(why)」さえ聞けばよいのです。

 

過去のクリアリングが重要

過去がクリアリングされていない人が9割。

過去を封印したまま 過去から引きずられる自分がいると、

未来を描くなんて特に日本人はできないのです。

 

だから、クリアリングするだけでうっきうっきになります。

そのためにも、最初にグランドルールを見せて「安心、安全の場」で話を聴き、自分が正直な状態でカミングアウトできるかどうかにかかっているのです。

  

コーチは「人間スポットライト」になる!

コーチはいわば「人間スポットライト」
クライアントさんはまだ見ぬ「シャイニングスター」

例えば、ブラッドピットのまだ売れる前のような。

 

どんな映画を作るんだろう?どんな人生を送ったら素敵に輝くんだろう?

100年後どのような人物として記憶され、人類にどう貢献するのだろう?

そんなことを思いながら、名プロデューサーとしてクライアントのイメージを引きだしていくのです。

 

話がのってきたら、大げさぐらいまで身体全体でのっていきます。
マッチングが基本であるものの、コーチは身体を使ってリーディング。


例え暗い過去であっても、一人でやっていたら暗くなるが、コーチとともにやることで、リフレーミングされて、明るくなりリソースになるのです。

 

自分で仮説検証を回せるようになることがすべて

「収束」で最後に聞くベイビーステップが少しずつきいてきて、人生の成長曲線が上向いていきます。

この「仮説検証」を繰り返して、人生プランを自分で回せるようになることで、徐々にミッション、ビジョンが見えてきて、自分の人生を好きなやり方で作れるようなるのです。

 

なので、コーチがやるべきことは「行動をしたか?行動してどうだったか?」を聞くこと

すなわち「仮説検証がまわって」いることを後日確認することなのです。

 

最初にできたビジョン、ミッションは仮置きかもしれない。

それでも、その「仮説検証」を回していくことでピッタリしたものが見つかる日がくるのです。

 

今回のまとめ

以上、Points of Youの「自己紹介ワーク」のご紹介と以下のようなコーチングの基礎をご紹介しました。

  • コーチングの基礎「カレーパンマン理論」
  • 信頼を築く聴き方
  • マッチング&リーディング
  • コーチング鉄板の質問
  • シンプルでクリーンな質問で
  • 言葉が出ないとき:空間軸と時間軸を広げる
  • よく話す人はどんどん話してもらう
  • クライアントさんの言葉をあまり言い換えない

また、コーチの心構えも!

  • コーチは「人間スポットライト」になる!
  • 過去のクリアリングが重要
  • 自分で仮説検証を回せるようになることがすべて

次の記事では、実際の「1 vs. 1セッション」のやり方についてご紹介します☆

colofullife.hatenablog.com