読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財、英語、子育て、国際交流、地域交流、起業、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

キャリアセミナー➀:Naoさんのステップアップの方法☆

「自分のステップアップの方法を考えよう!」というテーマのキャリアセミナーに参加しました!

 

どんなセミナー?

主催者はイベントオーガナイザーのとよくみさんで、前回の「パラレルキャリア」のセミナーに引き続き、2回目の開催でした。

colofullife.hatenablog.com

とよくみさんは、いつも魅力的なイベントを運営されている女性です。

f:id:colofullife:20170306150528j:plain

今回のテーマは「自分のキャリアをどうステップアップさせていくか」でした!

 

「ステップアップ」と言っても、その意味は人それぞれ。

・起業すること
・自由に仕事ができるようになること
・家族に時間が使えるようになること
・自宅で仕事ができること
・昇進すること

人それぞれのキャリアアップがあり、それぞれの方法があります。

 

今回は、様々なステップの築き方を知ることができるよう、「サラリーマンから起業をした人」「継続して大きな企業で働いている人」「在宅で働いている人」にお話しをお聴きしました。

 

それぞれが「ステップアップした」と感じた場面や、「そのステップアップをどうしてすることが出来たか」学ぶことができました☆

 

素敵なパネラー陣

今回のパネラーは、それぞれ独自のキャリアを開拓されている、キラキラした素敵な女性4名でした☆

f:id:colofullife:20170306150549j:plain

1. Naoさん

大手通信系の経営企画部で6年活躍後、経理に異動し、現在はマインドフルネスを会社に導入するために人事に異動願いを提出中。

ミッションステイトメントはヨガを広めること。

土日を活用して、ライフワークであるヨガを教える活動をしている。

 

2. tanisenさん

家族の転勤をきっかけに、在宅ワーカー歴10年。

9歳と5歳の子供を育てながら1日6時間の在宅勤務をこなす。現在は仕事の効率化を目指しながら、子育てとの両立を図っている。

ブログ:

kaylakole.hatenablog.jp

 

3. 堀之内千恵さん

社会人向けのクリエイタースクールCopenCollege代表。

4年間サラリーマン(化粧品通販企画)を経験後、デザイン専門学校に通い、現在は社会人向けのクリエイタースクールCopenCollegeを立ち上げ、校長として活動中。

 

4. みゆこさん

トータルリスクコンサルタント。生損保を取扱う保険代理店業、FP業を行う。

この仕事を目指すきっかけは、15年ほど前に家族の病気、介護、相続といった問題に直面し、身の回りのお金の重要性を痛感したこと。

もっとお金の知識があれば状況は変わっていたかもしれない…という思いから、人の役に立つお金の使い方を伝えられるような仕事をしたいと思いFPの勉強を始める。一時は諦めかけるがその後保険にターゲットを絞り外資系生命保険会社に転職。代理店に転身後、お客様からの要望もあり損保業も開始。

 

セミナーの進め方☆パネルディスカッション

今回は「パネルディルカッション」形式で、以下の質問に対して、パネラーの皆さんが答え、とよくみさんが名ファシリで切り込む!というものでした。

 

質問➀:自分の仕事に求めることは?軸は?価値観は?

質問➁:自分のキャリアを築いた上で良かったこと、悪かったこと、学んだことは?

質問➂:これまでのキャリアを築く上で大変だったことは?どうやって乗り越えたか?

質問➃:今後のキャリアの展望は?

f:id:colofullife:20170306150716j:plain

 

それでは、お一人ずつ学んだことをご紹介します!

 

◆◆【1. Naoさんのキャリア】◆◆

Naoさんの略歴

Naoさんは1992年に神戸大学 農学部 畜産学科卒業を卒業され、1992年にSE ソフトウエアハウスに入社されています。

ただ、SEは激務で3カ月終電、休み無しの生活が続き、この生活は続けられないと判断、今後のキャリアは「続けられること」を軸に探すことに。

 

そんな時、「インターネットの父」と言われ、日本におけるインターネット環境を作り上げた村井純氏の講演を聞き、これはいける!今後インターネットに関わろう!と考えられました。

ご参考:

www.mugendai-web.jp

そこで、1995年にインターネットサービスプロバイダーGOLに入社され、テクニカルサポート、請求システムを担当することに。

この会社は1993 設立で、入社当時はまだ20名程度だったのが、その後、ブランドは存続しながら吸収合併を経て、どんどん形はかわっていきます。

 

その後、1997年に結婚。


2003年、上司の退職をきっかけに管理職になりました。

この時、年上の男性部下をもち、色々と大変なことがあったそうです。

 

2005年に出産され、2007 管理職をおり総合経営管理部へ。

2009年に親会社(現:楽天コミュニケーションズ)と合併し、経営企画部へ。

2015 経理部へ異動され、現在に至ります。

f:id:colofullife:20170306150657j:plain 

【質問➀:自分の仕事に求めることは?軸は?価値観は?】

Naoさんの仕事に求める軸はこちら☆ 

  1. 海外に行きたい(特に学生時代)
  2. going concern 会社が継続することのように、自分自身が継続して働けること
  3. ワクワクすること

年齢ともに1〜3へと変遷していきました。

 

バランスが大事☆全部60%で良い!

また、価値観としてヨガでも大切な「バランス」を重要視されています。

すなわち「ライフワークバランス」です。

 

仕事、育児、家庭、すべて100%にしなくてもよいのです。

全部80%でもすごいこと。

60%でも十分なのです!

 

完璧主義は捨てた方がよいのですね。

特に最上志向の方は要注意!

colofullife.hatenablog.com

 

人生のステージで軸をシフトさせる☆軸は組み合わせで

また、人生のステージで、軸をシフトさせていくことも大事とのこと。

その時大事だと思うことに集中し、その時に合わせてパーセンテージを変える。

 

例えば、年齢と共に、軸は「仕事」、「家庭」、「ライフ」と移行していきますが、

頑張れるときは、あと1つぐらいは「組み合わせて」頑張ってみる。

例えば、子育て期は「➀ 家庭」×「➁ (少し)仕事」など。

 

そんなことを、Naoさんはこの本から学ばれ、実践されているのです☆

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 

【質問➁:自分のキャリアを築いた上で良かったこと、悪かったこと、学んだことは?】

良かったことは、学生時代から英語が好きで、それが強みになったこと

また、IT業界が伸びると見込み、その通りになったこと!

 

一方で、悪かったことは、若い頃から特にキャリアプランを考えていなかったことだそうです。

経営企画にいた時に、上司からも何がやりたいの?と言われ、勝間塾のロジカルシンキング講座を受講されました。

その後勝間塾で学ばれ、視野を広げていかれます。

 

ただ、経営企画に入った時点で勝間塾に入り、多くの視点を持っていれば、もっと主体的に自分のキャリアプランを展開できていたかなぁとのこと。

 

【質問➂:これまでのキャリアを築く上で大変だったことは?どうやって乗り越えたか?】

部下を持つ大変さ

上司の退職に伴い、管理職になった時は本当にお辛かったとのことです。

働きながら子供がいて、かつ子供以外に面倒を見なければならない部下がいるというのは、本当に大変なこと。

 

もう何もジャッジしたくない、何も決めたくない!と、プツうつになり、産業カウンセラーに話をきいてもらうことに。

 

ヨガとの出会い

そんな時にNaoさんを助けてくれたのは1999年から習っていた「ヨガ」でした。

 

過度のストレスで短時間睡眠で起きてしまう日々。

眠れなくなると人間の身体は正常に働かなくなります。

眠れない夜は、ヨガ、呼吸法をやって眠りにつく日々。

こうやってヨガに助けられたのです。

 

【質問➃:今後のキャリアの展望は?】

そこから、ちきりんさんの「未来の働き方を考えよう」の本に出会い、

本当に自分のやりたいことに切り替えたい

今がもう一度選択し直せる機会

第二ステージを考えよう

と立ち上がります!

 

そして、その「ヨガ」こそ、人生後半戦で挑戦するべきものだと決めたNaoさん。

 

まずは「打席に立つ」と、土日を活用してヨガ関連のイベントを実施したり、

会社でもマインドフルネスの導入を提案したり、積極的に動かれています。

 

googleでも取り入れられていますね。

参考:

グーグルでヨガを広め、マインドフルネスの導き手となった男 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

 

今回のまとめ

Naoさんから学んだことはこちらです☆

  1. 今後の世の中に求められるものを見抜く力をもつ(先見の明)

  2. 人より早く取り入れる(例:インターネットやヨガ)

  3. 自分の「ワクワク」を行動に移し、PDCAを回していく

人と同じことをしていてもダメ、

それは「タイミング」も大事だし

何より「行動に移す」ことが大事。

 

いつもキラキラ、ワクワクでヨガのイベントを開催されているNaoさん。

知識も豊富で、パネルディスカッションでも様々なシーンでアドバイスを挟んでいる姿が印象的でした。

頼れるワーママの先輩として、今後も学ばせていただきます!

 

次の記事は、在宅勤務を勝ち取られたtanisenさんのお話です☆

colofullife.hatenablog.com