読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財、英語、子育て、国際交流、地域交流、起業、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

知財講座①:知的財産とは?

 

皆さん、「知的財産」ってよく聞く言葉ですが、具体的には何のことかご存じですか?

f:id:colofullife:20170205074211j:plain

 

知的財産権とは?

知的財産権」とは、発明や創作によって生み出されたものを、発明者等の財産として一定の期間保護する権利です。

 

具体的には、産業財産権(特許など)や著作物(著作権)などといった「無体物」について、その発明者や著作者が、それに対する複製など多くの行為に関して(無体物であるにもかかわらず、あたかも有体物として財産としている、あるいは所有しているかのように)専有することができる権利です。

(引用:知的財産とは | 日本弁理士会知的財産権 - Wikipedia

 

知的財産権は3つに大別される

知的財産権は以下の3つに大別されます。

  1. 産業財産権(特許、実用新案、商標、意匠)
  2. 著作権
  3. その他の権利

(引用:知的財産権 - Wikipedia

 

それでは、1つずつ説明していきます☆

 

 

1. 産業財産権特許権実用新案権、商標権、意匠権)とは?

産業財産権とは、特許権実用新案権意匠権、商標権などの総称です。

特許権」、「実用新案権」、「意匠権」、「商標権」は、それぞれ以下のとおりです。


特許権特許権者に発明を実施する権利を与え、発明を保護する。
実用新案権】 物品の形状等に係る考案を保護する。
意匠権】工業デザインを保護する。
【商標権】トレードマーク・サービスマーク: 商標に化体した業務上の信用力(ブランド)を保護する。
(引用:知的財産権 - Wikipedia

 

2. 著作権とは?

続いて、「著作権」とは何でしょうか?

 

著作権」とは、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する、財産的な権利です。

(引用:著作権 - Wikipedia

 

3. その他の権利とは?

「その他の権利」には以下のようなものがあります。

(何となく、こんなものがあるのかーという程度の理解で構いません!)

  • 回路配置利用権
  • 育成者権
  • 原産地表示・地理的表示(原産地等誤認惹起行為の禁止)
  • インターネット上のドメイン名(不正にドメインを使用する行為の禁止)
  • 商号権
  • 肖像権(人格権)
  • 肖像権(財産権)
  • 周知表示(周知表示混同惹起行為の禁止)
  • 著名標識(著名表示冒用行為の禁止)
  • 商品形態(商品形態模倣行為の禁止)
  • 営業秘密(営業秘密の保持・不正入手の禁止)

(引用:知的財産権 - Wikipedia

 

知的財産権」のうち、重要なのは「産業財産権」と「著作権」なので、まずはこの二つの大きな違いについて説明します☆

 

産業財産権特許権実用新案権、商標権、意匠権)と著作権の違い

産業財産権著作権の違い。

それは、「登録が必要かどうか」です。

 

産業財産権は、登録しなければ権利が発生しません。

これに対して著作権は、権利を得るための手続きは不要です。

著作物を創作した時点で自動的に権利が発生(無方式主義)し、以後、原則として著作者の死後50年まで保護されます。

(引用:著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

 

今日のまとめ

今日は「知的財産権」とは?について説明しました。

 

知的財産権」には、主に「産業財産権特許権実用新案権、商標権、意匠権」と「著作権」がありました。

 

これらの大きな違いは「登録の必要性」で、「産業財産権」は登録が必要、「著作権」は不要でした。

 

知財講座を始めたきっかけ

私は弁理士試験合格歴があるだけで、実務経験もまだなく、弁理士登録もしていません。

 

ただ、所属しているコミュニティーで、とあるデザイナーさんが、デザイナーとして仕事をするに当たり、知財関連で問題が多々発生しており、是非勉強会をして欲しい!とのご相談を受けました。

 

これは待ってもいないチャンス!!

 

私としては、著作権の知識は10年前の弁理士試験受験時代のみなので、再度復習しながら一緒に勉強できるチャンス、更に、実務での需要を知る一助にできるチャンスと考えました!

 

4月から復職で、ようやく私の知財の実務が始まります。

主な業務は「特許」になると思いますが、「著作権」なども、勉強しながら、少しずつではありますが、情報発信していきたいと思います♪