読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て、国際交流、地域交流、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

2016年を振り返る➃ 今年の成果

この記事で今年の「目標」に対する達成度を振り返ってみました。

 

colofullife.hatenablog.com

 

次は、当初決めた「目標」に関係なく、「今年の成果」を振り返ってみます。

f:id:colofullife:20161225062214j:plain

 

【今年の成果】

  1. 自分を知る
  2. 子供との時間、つながり、信頼関係
  3. 生活の基本を大切にする
  4. 自分を変える

 

今年の成果➀ 自分を知る

7つの習慣のワークを行い、自分の価値観を明確にしました。

colofullife.hatenablog.com


育休という「自由」の身において初めて、自分を深く理解することができました。

そして、そんな自分を受容することができました。


それは自分を認め、自分の感情を大事にするということでした。

colofullife.hatenablog.com

今年の成果➁ 子供との時間、つながり、信頼関係

ひたすら朝、夕、二人の子供の世話をしながら、長男の保育園の送り迎えを楽しんだ日々。


「一人の時間」を大事にする自分からの脱却。


朝、夕の子供たちの時間は「一人の時間が奪われる」という感覚から、これこそ「quality time」だという意識の変化。

 

土日、自分メインのオフ会参加三昧の日々から、子供とのイベント中心への日々へ。

 

ジム通いもやめ、自宅での体幹トレーニングに変更して、子供との時間へ。

 

長男が昼寝をしなくても大丈夫になったことに伴い、朝から晩まで遊び倒す週末。

 

特に、大事なキーワードとして、子供の「習慣化」に取り組んだ一年。

 

長男が9月からピアノを習いだして変化した我が家の習慣。

息子と机の前に座り、一緒に取り組む夫。

ピアノの練習や歌、楽器など発表会に向けて一緒に練習する私。

 

「習慣化」に家族で取り組み、家族の絆が固くなった半年間でした。

 

(家族・子供たちとの時間についてはこちらのブログに書いています)

coloful-life.hatenadiary.jp

 

今年の成果➂ 生活の基本を大切にする

【料理】

よく作り、よく食べました。

朝も昼も夜も。

 

初めて、「外食」より、「お惣菜」より、「自炊」が美味しいんだ、って心の底から思えた一年。

 

【掃除】

マキタを導入して毎日掃除。

ブラーバで水拭き。

おもちゃは片付け、床に置かれたものは上に片付ける。

 

ルーティーンを確立し、家族が気持ちよく過ごせる家作りを心がけました。

 

【睡眠】

とにかくよく寝た一年!

新生児から乳児になり、子供たちと一緒に寝て、朝もゆっくり寝るという生活。

体調も万全で、肌の調子も常によかった。

(吹き出物は、久しぶりに秋に一つできたくらい)

 

子供たちに挟まれて眠りにつく瞬間。

子供たちの寝顔、寝相をみる瞬間。

 

「睡眠」は「健康」に大切な位置づけだけでなく、

今年は「幸せ」の象徴かのようでした。

 

今年の成果➃ 自分を変える

【美容・メイク】

10年以上20年近く変えることのなかったメイクをようやく変えることができました。

これは、メイクイベントを開催してもらったり、スカウトして一緒に共催したりした結果です。

 

【美容・ファッション】

ファッションロジックを習い、「白」に目覚めた春。

 

「パーソナルカラー診断」を受け、自分のカラーを意識した夏。

 

「パーソナルショッピング」を受け、色物や新しいファッションに目覚めた秋。

colofullife.hatenablog.com

今年ほどアクセサリーを購入した年はなかったかも。

 

これからも歳相応でありながら、自分なりの魅力を見つけ、自分をどう魅せたいかを楽しみ続けたいと思います。

 

キャリアパス

年齢ごとのかなり具体的なキャリアパスを描いたのも今年が初めてでした。

更に、将来、定年を向けてキャリアを終わらせるのではなく、企業に属さずとも最終的に「自分の力で生きる力」を身につけたい、と心に誓いました。

 

これは来年の復職以降に、更に具体的にしていきます。

 

【普通コンプレックスからの脱却】

勝間塾にいると、起業している人がすごい、会社員はつまらない、

自分は特に大きな挫折も劇的なストーリーもない、

普通すぎてつまらない

と思うこともありました。

 

今年はそこから脱却した一年。

すごいもつまらないもない。

自分は自分。

掛け替えのない人生。

 

まとめ

2016年忘れられない一年でした!

 

何より第二子が産まれた。

長男がお兄ちゃんになった。

4人家族になった。

 

こうやって、大晦日に義理の両親の家に来て、1年を振り返られることも幸せです。

 

1年で一番大好きな日、大晦日。

 

最後に来年の目標を投稿して、今年を締めくくります!