読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て、国際交流、地域交流、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

子供は「同志」☆一緒になりたい自分になっていこう

先週1週間は、最初の2日は自分が体調不良で、その後9カ月次男が突発性発疹となり(高熱3日間後、発疹2日ほど)、家の中や私自身がちょっとどんよりしていました。

f:id:colofullife:20161111160331j:image

 

長い人生、そりゃ低迷期もあるでしょう

何か自分のエネルギーが吸い取られたのか、季節の変わり目なのか、自分も何らかのステージが次に移行したのか、

「何でもやりたい!」

「人に会いたい!」

「寸暇を惜しんで色々やりたい!」

という情熱がするするする・・・・と落ちていき、エネルギーが低下しているのを感じていました。

 

 

前の投稿でも書いたように、体調が戻ったからといって、前のように気持ちがガツガツ戻るわけでもない。

 

特に今は育休中で、日々仕事をしているわけではないので、時間があり、何が幸せなのか、自分は何を求めているのか、今何が足りなくて、何をすれば自分は満たされるのか、ぐるぐる考えたりします。

 

情熱が落ちた時に、3歳息子は私の活力をくれた

とはいえ、朝が来たら息子は起き出しますし、夕方になれば、お迎えの時間がきます。

 

今までと比べて、10カ月次男と過ごす昼間の熱量や活動量が減っていたとしても、夕方3歳息子に会うと、元気な息子の姿に、否応なく私も熱量が上がりました。

 

なんだ・・・息子達は私のようなワーママから時間を奪う存在なんかではなく、私を助けてくれる存在になったんだ。。

 

そっか、一方的に保護する立場ではなく、お互い支え合う存在になったのかもしれない。

 

3歳息子の位置づけ、関係性が変わった

3歳を過ぎて、4歳に近づいた今(1月誕生日)、息子を「子ども」というより、「対等な立場」で見ることが多く、だからこそ、多くのことを求めることも多くなりました。

 

以前は、何かやっても「まだわからないもんねー。いいよ、いいよ、仕方ないよねー」という感じで叱ることもあまりしてきませんでしたが、今は「いやいやわかっているでしょー! それは許しません!!怒!!」という思いが爆発することも増えました。

 

彼が対等になってきているな。

 

彼は「保護すべき小さな存在」から「同志」になったのかもしれない。

 

私ももっと彼に甘えようかな。気持ちを出して、委ねようかな。

 

まだまだ未熟な一人の人間として、自分にスランプが来たのなら、一緒に乗り越えてもらおうかな。

 

やる気が出ない時はセルフワーク!

昔からなんかやる気でなくなってきたなーという時は、自分でセルフワークをしたり、自分で気持ちを盛り立てていました。

 

カフェにこもり、自分の将来のなりたい姿、やりたいことを書き出してみたり、なぜ今自分がモヤモヤしているのかを見える化し、解決策を探って気分を入れ替えたり。

 

今の自分のモヤモヤは

やる気がでない

⇒やらない

⇒更に自己嫌悪に陥る

⇒自己肯定感が落ちる

このサイクルです。

 

自分が「今日も一日ド真剣に、クタクタになるまで生き切った!」という満足感がないと、何か満たされない思いになるMな人間です。

 

だから、仕事で追われている時は考える暇もなく、それはそれで幸せでした。

 

今自分に必要なことは、自分の人生をどう生きたいのかという強い情熱をもう一度引き出すこと。

 

子どもと一緒にやってみよう♡

子どもと一緒に考えるもよし。

もう彼は立派な私の同志なのだと今日気付きました。

 

一緒にワークなんてしてみよう!!

宝地図なんかも一緒に作りたいな!

ワクワクすることはいくらでもあるじゃないか!

昼間やる気でないなら、早くお迎え行って、彼とたくさん楽しいことやればいいじゃん!

 

何も自己実現は、子供と離れた時間だけで実現されるものではない。

子供に弱い自分や、母以外の自分を見せていけないなんて決まりもない。

 

人間として、女性として、彼の一番近くの存在という権利を使って、一緒に考えるだっていいんだ。

 

なんだか今日はそんな結論になりました(*^^*)

f:id:colofullife:20161111160443j:image

(写真は遠足のお弁当♡)