読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財、英語、子育て、国際交流、地域交流、起業、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

パラレルキャリアセミナーで学んだこと☆

セミナー・オフ会参加報告 キャリア 素敵な人々

現在二人目育休中のyoshikoです!

この育休中は、自分が考えているキャリアの一本道だけでなく、ライフワークを見つけたい、広く色々経験したい、という気持ちから、様々なセミナーやイベントに参加してきました。

今日は9/3に参加したイベント報告について書きます。

f:id:colofullife:20161013141335j:plain

 

どんなセミナー?

◆イベント名:そのキャリアどうやって築いたの? 第1回 パラレルキャリアセミナー

◆日時:9月3日(土)14時~16時20分

◆内容&タイムテーブル

①14:00~14:20 パネラー自己紹介
②14:20~15:10 パネルディスカッション 
③15:10~15:30 質疑応答
④15:30~16:20 グループワーク ※全50分(セルフワーク15分 グループシェア20分 グループ代表者発表15分)

 

パネルディスカッション内容

  • パラレルキャリアを成り立たせるための時間管理の方法
  • パラレルキャリアでは何が難しいと感じるか
  • 自分を色、動物に例えるなら
  • 一つのことに注力してるのか、全て全力投球をするのか、一つやるとその他に波及するのか等、バランスのとり方
  • 自分の強みでパラレルキャリアに生かせていると思うこと
  • 自分に向いていると思う集客方法 等

 

豪華なパネラー陣!!

【野田千穂さん】元CA、外国人向け不動産コンサル・ライフスタイルセミナー/国際文化交流会を主催・PB個人コンサル・政府国際会議の要人接遇

ブログ: 

chiholife.com

 

 

【Narumiさん】商社部長&女性リーダー育成活動

 ブログ:

ameblo.jp


【とよくみさん】業務・ITコンサルタント&イベントオーガナイザー
 ブログ:

ameblo.jp

 

学んだことはこちら!

【一度きりの人生、「ピカイチの人生」にする覚悟をもつ】
【自分の信念、考えを熟成させ、「自分スタイル」を作る】
【気になったら即行動!】
【いつか、ではなく期限付きのゴールを明言する】
【成長力をつける】
【時間効率性を上げる】
【副業の位置づけを明確にする】
【自分棚卸しで「好き」「できる」「人に貢献」を繋ぎ合わせる】
【自分のパフォーマンスを平準化させる仕組みづくりをする】

 

それでは一つずつ書いていきます。

 

一度きりの人生、「ピカイチの人生」にする覚悟をもつ

パラレルキャリアでご活躍するとよくみさんのエネルギー、モチベーションの源をようやく知ることができました。

f:id:colofullife:20161013141602j:plain


とよくみさんをここまで動かすものは、以下の過去の辛いご経験でした。
・12歳の時に夜逃げした経験
・ご両親が離婚され、その後仲良かった母が、社会人になってお亡くなりになったという「大事な人がいなくなった」経験

 

その他のパネラーの方からも、小さい頃のご自身の環境から、母からも言われ、ご自身も「ピカ一の人生にする」と固く誓ったことで、今のご自身があるという話も伺いました。

 

そこで、私が気付いたこと。


それは「人は覚悟を決める時がある」ということ。
そして、人生はそのように主体的に自分でつくり上げるというもの。

 

日常に安心し、今の現状に甘んじている以上、何か破壊的なことが起こらないかぎり、人生は何も変わらないだろう。
平穏かもしれないが、それはそれ以上にはならない。


自分を振り返ると、大きな挫折がないこと、強い信念がないことが一つの弱みと感じます。でも、それでも日常に流されず「ピカイチの人生にする」と強く誓うことが必要と感じました。

 

自分の信念、考えを熟成させ、「自分スタイル」を作る

パネラーの皆さんは、すべての質問に対して、その人しか答えられない独自性のあるご自身の信念、考えを端的に述べられていて、圧巻でした。


これは付け焼き刃でできるものではない。日頃から自分の考えを明確にしている積み重ねがあるからこそ、ほとばしるものである。

f:id:colofullife:20161013141455j:plain

「自分のこだわり」「自分の信念」


改めて熟成させ「自分スタイル」を確立しようと思いました。
そして、それは「言い切る」 コレも大事。

 

気になったら即行動!

パネラーの皆さんに共通していたキーワード。
それは「気にあったら即行動」

f:id:colofullife:20161013141824j:plain


行動なくして、何も生まれない。
フィルターに引っかかったものは即行動。


「遠い」「お金がない」「時間がない」は理由にしない。
すぐにやる。


フィルターを上質なものにするにはつながりが大事ですが、行動するかしないかは自分にかかっています。


今の自分は行動できているか?気になったまま放置していることはないか?フィルターを磨き続けているか? 自問が必要です。

 

成長力をつける

特にNarumiさんととよくみさんに共通していたキーワード

それは「成長力」

f:id:colofullife:20161013142132j:plain


Narumiさんが人より得意な点は以下の2つとおっしゃっていました。
①学びを拾ってくる力
➁アドバイスを咀嚼する力(いかなるアドバイスも受け取り、自分なりに咀嚼し、次への行動に移す)


そして「ひたすら必死に目の前の新しい仕事に取り組んでいたら、役職が3段階上がり、今のポジションにつながった」とおっしゃっていたのです。


また、とよくみさん「転んだ後は100円でも拾って起き上がる」というお言葉。彼女の力のすべてを物語っていると感じました。

 

いかに目の前の体験を「成長」につなげるか?
そこの目利きと行動力と吸収力、何より「成長したい」という気持ちを持ち続けます。

 

時間効率性を上げる

1日に24時間しかない。
それには、「1時間の効率性」を上げるしかない。


Narumiさんの「自分は1時間の濃度は誰にも負けない自信がある」という言葉が刺さりました。


最悪、そこだけ意識してもよいのかもしれません。


私はこの1時間、最高の1時間にできただろうか?を繰り返す。
また、デリゲーションのテクニックも大事です。

 

副業の位置づけを明確にする

副業をする意味。とよくみさんは、本業も大事にしたいものの、コンサルタントの仕事では自分がやりたいことをやれるわけではない。

 

やりたいことをとにかくやってみて、合わなければ変える、の繰り返しで今のスタイルにつながったとのことです。


Narumiさんからは以下の2つがポイントを学びました。
➀本業の有効化
➁人の役に立つ(困っている人を助ける)

 

「本業で一切力を抜かない」


「それでも、自分が成長すると思うことは、本業・副業にかかわらず何でも挑戦する。そこに理由は一切付けない」


「特に少しでも誰かの役に立つのなら、即やってみる」


会社のルールに従うことを第一原則としつつ、これを信念に、今後様々なことに取り組んでみたいと思います。

 

自分棚卸しで「好き」「できる」「人に貢献」を繋ぎ合わせる

チホさんは、遊びも含めて今までやってきたこと、できること、好きなことをノートに書き出し、つなぎあわせて、ご自身のキャリアを導き出されたそうです。


定期的に自分の棚卸し、やってみようと思います。

 

自分のパフォーマンスを平準化させる仕組みづくりをする

健康でないと思考も働かない、やりたいこともできない、人にも優しくできない、仕事にも悪影響がでる。

自分の生活は「食事スタイル」「運動」「睡眠」をベースとして、その隙間に仕事を入れている。(チホさん)

 

効率化を考える前に「本当にそれが必要なことか?」と考える(チホさん)

 

自分を観察し、どうすれば一番波なく生活できるか?それは「寝ること」
時間術は「健康管理」「モチベーション管理」があって、初めて「タイムマネジメント・IT術」がくる。(とよくみさん)

 

「健康」を「モチベーション管理」を平準化させる仕組みづくり。
食事、運動、睡眠を中心とした自分の生活の基盤作り。


改めて「自分のスタイル」を作ること、実践してみます。

 

いつか、ではなく期限付きのゴールを明言する

とよくみさんは今後、「本を出す」「セミナー講師」「コーチング」を軸に活動されたいとのことですが、特に2018年に時間管理術の本を出すことを目標にされています。


会社への副業申請も来年昇格後に考えていらっしゃるとのこと。

 

やりたいことを確実にやっていく
⇒自分の得意が見えてくる
⇒人に役立ち、求められるようになる
⇒限られた時間でこなすうちに、自分のスタイルが確立されていく
⇒その「自分のスタイル」が人に伝える価値のあるものになっていく
⇒本を出せるようになる

 

自分が今後挑戦したいのは、ブログを用いたセルフマネジメント、成長ストーリー。
また、中年期からの新たな専門分野への挑戦。

 

初心者から成熟していく過程が確立され、人に役立つレベルになれば、本が書けるレベルになるのではないか。


誰でも挑戦すれば、本が書けるのではないか?

誰でも本を書くことを目標にしていいのではないか?と思えました。

 

主催者のとよくみさん、パネラーの皆様、素晴らしい学びをありがとうございました!