読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財、英語、子育て、国際交流、地域交流、起業、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

勝間和代さん「やればできる」:ブックレビュー

ブックレビュー

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoです!

今日は勝間和代さんの「やればできる」のブックレビューです(*^^*)

f:id:colofullife:20160908152621j:plain

この本は

  • まず行動すること
  • 周りとの関係で強みを伸ばすこと
  • 強みを価値に変えていくこと

を教えてくれる本です。


それは、決して一足飛びでできるものでない。でも着々を階段を登る必要がある。
その階段が見事に4段階で説明されています。

 

この4段階を覚えよう

【➀しなやか力】:自分の強みを見つける
【➁したたか力】:自分の強みだけにフォーカスし、更に磨き続ける
【➂へんか力】:自分の強みを軸として、1つずつ、少しずつ変え続ける
【➃とんがり力】:自分の限界を超えた世界が広がり、自分の商品価値を見出す

 

【➀しなやか力】をつけるために

環境や状況に応じて自分の強みの見せ方や仕事の仕方、行動を変え、他人に自分の強みを上手にアピールしたり、自分の能力をどのように周りの人に活用してもらえれば一番自分の力を活かせるかを考える

 

【➁したたか力】をつけるために

<ステップ>

  1. 強みでない仕事を自覚する
  2. マタイ効果を意識して集中分野を明確に定める
  3. 強みを活かして強いリーダーシップを取る

軸をもつ

  • 自分の軸をしっかりもつことで、相手との関係性を自らリードし、自分の優れた点を上手に他人との交わりの中で活かし、伸ばし続ける
  • 自分の長所を伸ばすような考え方、行動、相手との関係を常に意識し続ける

見極める

  • 才能とは、どこに特化できるか、見極める能力
  • 成功者はぶれない軸がある。強い信念、自分のやりたいことがあり、そこに向かって時間・お金を投資続ける。
  • 自己確信を持ち、今やっていることが正しいと信じ、突き抜けることが必要。

マタイ効果を使う

  • マタイ効果(少しより優位なことがあれば相手より早く色々なことができるようになること)で好循環を引き寄せる
  • 1万時間の法則:専門家になるには1万時間。毎日8時間やって約3年。まずは1000時間を目指す(1日4時間で250日)

応援団を作る

  • 大事なのは失敗を恐れない心。どんなに失敗しても見守ってくれるであろう応援団を予め作っておく。
  • こんなに隔たった自分でも大事にしてくれる人がいる。だからメリハリをつけて失敗の可能性があることにチャレンジできる。

 

【➂へんか力】をつけるために

3割新しいことに挑戦し続ける

  • 同じことをして成功する自分よりは、新しいことをして失敗する自分を評価してあげる。

自分の軸をもち、つながりで攻めこむ

  • 他の人と交わりながら、化学反応を起こし続けながら化ける
  • 自分の得意分野と主戦場があると、いつでも自分には戻れる場所があるんだと試しにやってみることができる。
  • 自信という「自陣」があるからこそ、その他に変化という形で、果敢に攻め込んでいくことができる
  • 自分の強みを軸にして、1つずつ少しずつずらしていく

やめることも大事

  • 既存のものを効率化すると共に、新しいことにチャレンジし、うまくいかなかったものは一定時期をもって潔くやめる

 

【➃とんがり力】をつけるために

管理職になる

  • 管理職になることが身近な例。「この人は周囲の人に比べてとんがっているので、この人に価値を認めて力を貸してあげてください」と認定したようなもの
  • 肩書がつくことでやりたいことに対して優先的に様々な資源を配分してくれる。人事権、労働力の再配分権、予算を持っているから。この人たちは積極的に感謝の気持ちを伝える事が大事

ライン職になる

  • ライン職にいると市場の評価がわかるが、スタッフ職の場合、上司が評価するので、上司の顔色を伺いながら仕事をすることになる。ライン職の方が結果が見えやすいのでとんがり力を発揮し易い

相手のために力を発揮する

  • 自分と一緒に仕事をした体験がいいものであればあるほど、相手は将来よりいいものを自分たちがもたらしてくれると思う
  • とんがり力のある人には力が集まるのは、その人を自分がうまく使ったら自分だけではできない自己実現ができるから
  • 相手にどうすれば自分をより上手く使って、相手の目標を達成してもらえるかを考えぬく
  • 相手のために力を発揮することで、自分の評判をあげ、自分の力を磨いて、更に新しいチャンスを生むという好循環になる

助け合いで世界を広げる

  • 私達が能力開発をする理由は周りの人に貢献するため
  • 貢献すれば助けてもらえる可能性も高くなる
  • 助けてもらったその力を使ってまた助け返す。その繰り返しが行動範囲を広げ、限界を広げ、幸せをもたらす

 

最後に・・・

やはり人間は自分の力だけでは何も成功できないことを改めて理解しました。

人の力を借りる。そのために、自分も人に貢献する。ここにつきます!