yoshiko's colorful life -growing diary☆

都内在住ワーキングママ yoshikoが、セミナー、様々な人との出会い、本などから学んだことをアウトプットして行動を変え、日々目標管理に励みながら、キャリアや人生のゴールを目指す日々の奮闘を書きます!今の興味は知財でのキャリアアップ(企業内弁理士)、キャリアと育児の両立、英語、子育て、国際交流、地域交流、セミナー情報等。お問合わせはこちらから☆https://ws.formzu.net/fgen/S86050461/

もう一つのブログはこちら☆

yoshiko's colorful life-子育てdiary☆

http://coloful-life.hatenadiary.jp/

キラキラした毎日☆

日々思うことはたくさんあり、自分の至らなさや弱さに対面する日々ではありますが、

とにかく世界がキラキラしていて、

今を生きているな

前に進んでいるな

そんなキラキラした気持ちです

 

それは夏というサンサンと日差しが降り注ぐ、美しい外の世界だったり

早朝のランニングで出会う公園の木々の美しさだったり

プール開きで大喜びする子どもたちの笑顔だったり

子供だけで計6つの荷物を自転車にぶら下げている朝のハチャメチャ感だったり

汗びっしょりで保育園を送り迎えしている日常だったり

 

そして新たなことを学ぶ日々

新たな経験を求める日々

とにかく勉強して

這いつくばって

子どもたちと遊んで

かけがえのない時間を過ごして

 

至らない自分にも対面しつつも

とにかく一日一日はとても大事にしている

 

そんな毎日です。



来週はもう少し、自分が生かされている意味を考えて

自分が弱いところ、足りないと思うところを足していく

自分に厳しく

ありたい自分に更に近づきたいです

復職して2カ月☆できることが増えて、焦燥感の質が変わってきた

復職して2カ月、当初ガツンとやられていた

「子育てとキャリアチャレンジの両立の大変さ(主に時間、タスクに追われる焦燥感)」

からはかなり解放されて、あぁできることが増えてきたなぁとしみじみ思います。

 

一番大きい理由は、気づくと旦那が自ら家事をするようになっていた・・!

今までは、「なぜやらないんだろう?」って無駄にイライラしてしまっていたので、

それがなくなっただけで救われる・・涙

 

そして、子供との取り組みも、一度ゼロに戻ったのが、少しずつできるようになってきて、

全体として、生活面では、かなり取り戻したなーと実感しています。

 

だからこそ、自分の焦燥感は質が変わってきました。

 

具体的には「子育てと仕事の両立の大変さ」から「キャリア特有の課題」へとシフト。

 

自分の現状、周りとの差、ありたいレベルと現状とのギャップを正確に把握したからこそ、その課題の深さも広さの深刻さも明確になってきました。

 

でも、無駄にただ不安になって終わりだけでなく、

モヤモヤを自分なりにしっかり分析できるように。

 

<先週の気づき>

★ 自分が目指した「知財」という仕事の偉大さ

・技術は日々進展している

・ビジネスを決める

・研究者の心意気、信念を形にする

判例も日々でて法解釈も進化していく

・産業の発展に寄与

⇒一生勉強、一生積み上げ、飽きることはない

 

 ★今のチャレンジの意味、得たことと失ったこと

・一生「知的生産」に関わり、一生成長し続けるチャンスを得た(外に成長機会を求めなくてもよい)

・その代わりに「優位に立てる心理的安定性」を失った

・ただ金銭的安定性はある

⇒必要なのは「心理的不安定性」を分析し、適切に処理すること

・できること

・できないこと

・許容すべきこと

・優先したいこと

などを区別して、不要に不安定になり、不幸な感情をなくすこと

 

例えば、

・現時点で周りの人と比べて知識が少ないのは当たり前のこと

⇒ここからのリカバリー、成長曲線の特異性、ビジョンの大きさ、目指す方向性の特異性で差別化を図れば良い。

 

知財では

・経験が命:ここのスピードアップは限界がある

・勉強:材料はたくさんあるのでここで補完し、積み重ねていく

 

自分の弱みの把握・克服、強みの活かし方

・忘れっぽい、概念を正確に理解して口頭で説明するのが苦手という弱みは

⇒文章での情報整理、スピード、要領で克服

 

 

とにかく「学ぶこと」を楽しむ!

「学べる環境」に感謝する!

「成長している自分」を楽しむ!

 

この気持ちを胸に毎日を大切に生きたいと思います。

 

良質なストレスと子供との癒やしの時間☆一週間の幸せなリズム

良質だけども自分の能力をはるかに超えたストレスに襲われると人はこうなるのかという人体実験を日々繰り返しています(笑)

 

本当に面白いほど、日々自分の感情が変わっていって、あーもうだめだ、やっぱりできない、、今日はお酒を飲まずにいられない!と思って飲んだくれたり

 

翌日調子が悪くなってあーやっぱりお酒で解決は根本的解決ではないと反省したり

 

思いっきり運動すると、最高に調子が良くなって、運動最高!と思ったり

 

とにかく、自分は忘れっぽい性格なので1日ごとにリセットできることに感謝

 

結論として、やはり運動して心身をリセットすることに勝るものはない

 

今マンションで一緒に運動ができる仲間がいるってこのご縁に本当に感謝です

 

 

そして自分の心身をの調子を保ちながら、今はひたすら知識を吸収していくことは楽しもうと

目指したい人の近くに入れる事はありがたいと感謝しながら

 

今日も明日も学び続けます

 

 

そんな良質なストレスに追われているからこそ

子供と触れ合う時間は本当に癒されて

 

もちろん全体として余裕がない時もあるけども

週末との子供との時間

ゆっくりプラネタリウムを見たり

息子とアイスクリームを食べたり

公園でサッカーを楽しんだりする時間が

恐ろしいほど愛おしい

そんな一週間のリズムを幸せに感じます

 

 

自分はできる

そう信じて

子供とともに

飛躍的に成長していきたい

そう思います

 

知財の世界に入り、サイエンスの世界に足を踏み入れたことに気づく

製薬企業の臨床開発から知財に移ったことで

今開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったような

そんな気分です

 

今までは臨床試験という、ある意味、サイエンスとしてのロジックが組まれたところで、結果の解釈のところで戦っていた

すなわち、サイエンスの真理の部分をそれほど追求せずに

結果の解釈という表面的なところだけで戦っていた

 

知財とは「特許」で戦うという意味で

そんな表面的なところから、物事の真髄にどんどんどんどん踏み込んでいく

 

今まで自分が考えもしなかったサイエンスを追求する部分に

今足を踏み入れ

今入り口に立ったんだな

 

もし知財に来なければ、絶対に踏み入れなかったところに足を踏み入れたんだな

 

科学というものは日々進展していて

その部分を追いかける立場になったんだなと

自分の人生が大きく動いたことを感じます

 

そんな大きなものが手に追えるのかと不安に思う一方で

一生勉強が続くんだと思えば、

想定以上に、本当に凄い世界に私は入って来たんだなと

改めて思います

 

今の私ができることは

目の前に与えられた課題に対して

真剣に取り組み

真剣に調べて

真理を追求し

考えるということ

 

今はとある特許の無効審判を請求する側になったとして、その特許をつぶすためのロジックを考えてみようという課題に取り組んでいます

 

わからないことに背を向けず

一つずつつぶしていく

そして考えて、考える

 

昨日はプレッシャーなのか何なのか

心の負担が大きくて

家に帰ってお酒を飲まずにいられませんでした

まだまだ弱い自分と日々対面中です

 

あぁ やはり新たなキャリアにチャレンジ

そのキャリアの専門性が高い場合

本当にハードルが高い!!

でもだからこそ挑戦しがいがあるはず

 

将来

こんなに苦しかったな

不安だったな

 

早く成長して、そんな過去の自分を振り返られる日が来ることを

楽しみにしたいです

責任を持つことを恐れず、責任を持てる自分まで引き上げていく

復職して2カ月がたとうとしているが、

日々分からないことが多すぎて

これが分かるようになり、一人前の担当者として胸を張ってプロジェクトメンバーに入るにはまだまだと思ってしまう今日この頃

でもそんな不安とは関係なく、7月からあっけなく担当者になり、引き継がれてしまうこの現状

 

もちろん担当をしないと、甘えてしまい、育たないということもわかっている

誰かの横にくっついて仕事をするだけでは、緊張感もなく、

一人で緊張感もって担当する方が育つという理論もわかる

 

でも、この不安は何なんだ

自分に覆いかぶさる、この感情は何なんだ

 

ちょっとしたことが、「わからない」から「わかる」ようになって喜んでいたのもつかの間

新たな担当について担当者から話を聞いていると

何とも言えない不安で覆い潰されそうだ

 

 

私は大きな責任を持つことを恐れているんだろう

そういえば、一人目の子供を産んでから異動し、大きな責任を持つ仕事から離れていた

 

だけど、仕事をするということはどういうことなんだろう

 

それは

自分の現状がどうであろうと

自分の現在の知識がどうであろうと

自分の心の状態がどうであろうと

 

与えられた仕事のCEOとして、

責任を持って 対応することなんだ

 

そしてその際に必要なレベルまで、自分を引き上げることも含まれるのだ

 

育ってから責任を持つのではなく

責任をもつ状態になってから、自分をむりやり引き上げるのだ

 

それが仕事であり

報酬をもらうことと対になる

 

私は 責任を持つことを恐れるのではなく

人の力を借りて、うまく責任を持てる状態に持っていくとともに

 

責任を持てる自分まで引き上げていく

 

今日も覚悟を決めて学びに行きます

「わからない」が「わかる」に変わる瞬間

現在新しい「知財」領域でのキャリアに挑戦中で、メンターについてもらい、毎週課題を出してもらって取り組んでいます。

 

そこで読む技術文書が怪文書かのように全くわからず、わかる日がくるような気もせず、焦る日々

 

部会やグループ会に出ても、分からない内容が多すぎて、「わからない!」と叫ぶ日々

 

研修に出ても、どんどん難解になって自分の無知が露呈され、プチパニックに陥る日々

 

勉強しなければならない。

でも、子供との時間を大事にしたくて、そして家事と子育てに追われ、十分勉強する時間がとれず、どのように対処してよいかわからないまま日々がすぎる。

 

そんな中、それでも時間を見つけて、何か前進するための対処をしていく日々

 

週末は息子のサッカーに付き添い、木陰の下で 明細書を読み、 論文を読み、拒絶理由通知に対する回答のロジックを組み立てていった

 

息子とデートしながらも、 コーヒーを飲みながら、電車の中でテキストを開いたりした

 

そして、

この課題の取り組み、二回目にして、この週末にやっと何かが見えてきた

 

これが、「分からない」から「分かるかも」に変わっていく瞬間なのか

光が差してくる瞬間

 

 

 

そこで気づいたことがある 

 

子供たちは、常に

もうわからないよー できないよという悲鳴をあげながら

苦しみながらも、それでも何とか少しずつ頑張っているんだな。

 

そして、そんな試行錯誤の中で

わかった瞬間

できるようになる自分を見つけた瞬間

 

何かが爆発するのかもしれない

 

この年になってこんな体験ができるのは幸せなことだ

 

これからも子どもたちと

「わからない」が「わかる」に変わる瞬間

1つでも多く味わっていきたい

 

私も子供も

共に成長しながら

 

 

【振り返り】2017年第20週

一週間を振り返ると毎日いろんなことが起きたり、いろんな感情が湧き起こったり、PD CAが高速回転しているなーと感じます。


先週の学びは以下の3点。


1点目は、不安に対しては問題解決を進め前進している自分を認識することしかないと言うこと。


不安であればそこにはリソースを投入し解決に至らしめるために時間とがむしゃらな精神の両方が必要。

 

2点目としては、体への投資は惜しみなく行うこと。

ストレッチをしたり朝ランをしたり。

強靭な精神は強靭な体にのみ宿ると痛感します。 

 

3点目として不安のリリースのためには楽しむことも大事だけど、アルコールは週一、二回ぐらい、休み前に限定した方がいいということ。

次の日のパフォーマンスが全然違うのでここは徹底しようと思いました。

 

 

今週の目標は、できない、わからない自分にフォーカスするのではなく少しずつわかるようになっている自分の成長を楽しみ、成功した自分の姿を常に想像すると言うことです!